2004年12月21日

12月21日

それはどこにでもいる母と子の会話のはずだった。

「明日から韓国に行って来るから」
「へー、いってらっしゃ・・・」


なんですと!?

韓国??


まるで近場の温泉一泊旅行みたいなノリでさらっといってますからね。
あぶねぇあぶねぇ、普通にスルーするところだった。

韓国つったら外国じゃないですか。
日本語通じないんですよ。
諭吉見せて買収しようとしても、なに?この紙切れ、とか言われてたこ殴りにされるんですよ!
こわいよーこわいよー。
なのに、何で今まで僕に何も話さないんだっ!
えっ?なんだって?
散々話していた?お前が聞いていないだけ?
す、すいません・・・

見かねたのか、これじゃ話にならんということで何も知らない僕に旅行のしおりをくれました。

愛の物語

愛の物語ってなんですか!
ツアー名だけで死ねる死ねる。
思わず吹いてしまいましたよ。

なんかね、冬のソナタの撮影地を狂ったように回るツアーらしい。
多分、ビデオテープが擦り切れるほど見てきたであろう、冬のソナタキチガイのおばさん達のためのツアーですよ。
ヨンさまーとか狂ったようにはしゃいでいるおばちゃんと一緒ね。
もうねーああいうの見てると痛々しいよねー。
年甲斐も無くなにやってんだと。
まさか自分の母親も同じだとは思わなかったYO!
あは・・あはは・・

そんな感じで韓国に旅立ったわけ。
で3日後には帰ってきたわけですが、やっぱ待ってる身としての楽しみは、お土産じゃないですか。
やっぱ韓国っていったら、キムチだよなー、韓国海苔かなーと楽しみにしていたわけですよ。
それでもらったお土産がこれ。

ガム

が、ガムが二本だけ・・・

ひどい・・ひどすぎる・・・

なんかね、お土産買おうと思ったらお金が無かったんだってさー
自分のお土産はしっかり買ってるくせにね。

まー気を取り直してガム食べてみましたよ。
もしかしたら物凄くおいしいガムかもしれないですからね。
と一瞬思ったけどやっぱまずかったです。
高麗人参とか書いてあるのにうまい訳が無いです。

大量に買ってあった「ペ」のグッツが憎くてしょうがない今日この頃。
posted by kai at 16:52| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月19日

12月19日

朗報だ!

明日の休日出勤がなくなる事に決定した!

応援してくれた方には申し訳ないが、存分と休ませてもらおう。

フハハハハ

これでドラクエができる。

明日こそは、憎き暗黒神ラプソーンをやっつけるぞっ!

おばぁちゃんのカタキッッ!!
posted by kai at 22:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月18日

12月18日

みちーとゆーなのーふーねーにーのりー♪(ふねにーのりー)

きぼーとゆーなのーちーずーをーみてー♪

ゆーめーとーゆーなのーこーんーぱーすでー♪



皆さんはこんな歌を聞いたことがあるだろうか。
僕は小学校の頃、この曲を歌った覚えがある。
とても好きな曲のひとつだった。
たしか曲名は「未知という名の船に乗り」だったと思う。

実はこの前、この曲の事で友達と言い争いになったのだ。
先に言うが、この曲を知らない人には全くわからない話である。
争いになったのは、最後のフレーズの部分の歌詞についてだった。

僕 「サバダバダバッダー」
友達「ダバダバダバッダー」

双方がまるで譲らない。
こうして並べてみると一文字違うだけだが、発音してみるとその差は歴然。
まるで異質なものだとわかるだろう。
結果、言い別れに終わったのであった。


と、そんなことを今さっき思い出したので調べてみようと思います。
目の前にはいんたーねっつという文明の利器がありますからね。
さてどっちが正解なんだっ!



検索結果


サバダバじゃん!
やった!
僕の勝ち!!
やーいやーい、間違ってやんのー

しかし、懐かしいなぁこのメロディ。
小林亜星だったなんて知らなかったYO!
posted by kai at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月17日

12月17日

緊 急 事 態!!


大変だ!

来週の僕の休みが無くなりそうなんだ!

会社側はぼーなすなどというものを盾にとって、僕らを酷使するつもりなんだ!

こんな事許されるんだろうか!

奴らは僕の大切な引き篭もりライフを奪い取ろうとしてるんだ!

一日中、ドラクエとかオナニーとか心置きなくできるのに!

僕は断固として出社を拒否する!


(来週の月曜が見ものです)
posted by kai at 15:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月15日

12月15日

今月も既に半ば。

ふと気付けば、クリスマスだかクリトリスだかそういう忌まわしいイベントが、後10日というところまで迫ってきているじゃないですか!
きぃぃぃぃぃ!

皆さんもご存知でしょうが、クリスマスといえば家族でケーキを食べながら仲良くすごしたり、カップルで一晩中生殖行為といいますかエロいことをここぞとばかりに行う日であります。
当然、僕のような非モテ独身男性は、非常に肩身の狭い思いをすることこの上ないわけでして、それは街の装飾や灯り等がクリスマス風に変わる今日この頃でも同じこと。
仲睦まじく歩くカップルを見る度、「別れてしまえっ!」と怨念を投げかけるのです。

そういえば、去年のクリスマスは何してたんだっけ・・・
まったく覚えがない。
確か・・その日は普通に仕事があって普通に家に帰って・・寝て・・

何もしてないな。
だから覚えてないのか・・・
多分、クリスマスなんて意識してなかったんですね。
そうなると僕ちゃん可哀想!とか思わなくてすむので非常に楽です。
しかしながら、去年の前の年、一昨年ですね、この時のことははっきり覚えてる。
あれは可哀想なクリスマスだった。

その日僕は休日でした。
なんか、クリスマスということで会社側の配慮があったんでしょうか。
僕にとっては余計なお世話でしかありませんでした。
もちろん予定など無く、どうしよう・・一日家で引き篭もろうか・・と考えを馳せていたところ、同期の奴(妻有り)から「暇だし、ブンチョー(歓楽街)行かないか?」というお誘いがありまして、早速家を飛び出したのでありました。
「クリスマス特別コースとかありそうじゃん!ミニスカサンタで女の子出てきちゃったりさっ!うひひひひー」
こんな会話を道中していた記憶があります。
案の定、ミニスカサンタが部屋に待っていたりしまして、でもそんな衣装すぐ脱ぐから意味無いじゃんとか思ったりもしたり。
ええ、その時はよかったですよー、そりゃぁもう。
でもね、帰り道にカップルや家族連れを見るうち段々悲しくなってきたのですよ。

ああ、みんな楽しそうだな・・僕はなにやってんだろう・・
でも大丈夫、家に帰れば家族がケーキ買って待ってるさ。
そう自分に言い聞かせました。
クリスマスだからご馳走に違いない、暖かい食卓で迎えてくれる、そんな淡い思いを抱いて家に帰りました。

そしたら、ものの見事にもぬけの殻。
誰もいない。
灯りもついていない。
部屋は冷え切っている。
これが一人きりのクリスマス・・・愕然としましたね。
悲しかった。
多分ちょっぴり泣いてたと思う。

その後、寂しさに耐え切れなかった僕は、友人を呼び野郎二人で夜を明かしたそうです。


・・・

そんな可哀想でもないな。
多分、もっと可哀想なクリスマスがあったと思うのですが、記憶にありません。
あまりに酷いと記憶から抹消されるって本当ですね!


そういえば、今年も例のごとく会社の余計なお世話のせいで、24日は休みなんだって。

ヤッター!!なにもすることがないよっ!!


嫌がらせだなんてわかってます。


posted by kai at 17:53| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月11日

12月11日

寒くなると、どうしても尿意を覚えるのが早くなるものだ。

僕も、ここ最近2、3時間に一回は放尿をしている感がある。
普段の季節なら6時間に一回、その程度だ。
これは、寒くなると発汗量が減るので、その代わりに尿が出るのだという。
また、膀胱が縮むことによって尿の貯蔵量が減り、頻繁に放出しなくてはならなくなるのも一因だ。
うろ覚えだが、昔生物の授業で習った記憶がある。
ですから、普段から頻尿な方は非常に悩む季節と言われている。
トイレが近くて行動するにも支障をきたしてしまうからだ。

実は、僕も仕事柄他人の家でお茶を大量に飲むことが多いため、とても困る時があります。
僕の地方だけかもしれませんが、お茶を飲んでいますと、ある程度減ると継ぎ足しされる。
飲まずに置いておいても、冷めてしまうと交換されてしまう。
そんなことを繰り返すうちに僕の膀胱はパンク寸前、頭の中は放尿のことしか考えられない、そんな状態に追い込まれていくのです。


以前こんなことがありました。

その日も例のごとく、他所の家で茶を飲んでいました。
だんだん追い詰められていく僕の膀胱。
いつもは限界が来る前に帰らせてもらうのですが、この日は話の流れ上、まだまだ帰れそうになかった。
結果、僕の膀胱はリミットブレイクを迎えてしまう。

トイレの場所を聞き、そそくさと駆け込む僕。
願わくばトイレになんか行きたくないんです。
なんかね、他人の家のトイレって土足でプライベートに踏み込むようで嫌じゃないですか。
入った瞬間、流されていないウンコとかあったら目も当てられません。
誰のウンコだろう・・・気になって夜も眠れなくなるのは必至。
家族の人を見るたび、「あのウンコはこのひとが・・・」と思い浮かべざるを得なくなるのです。

ですから極力トイレには行きたくないのですが、そのままお漏らしをするのを待ってるわけにもいきません。
仕方ないので、トイレの場所を聞き、足早に駆け込んだのでした。

颯爽と用を足し、ほっと安堵の息を漏らす僕。
恍惚の表情を浮かべながら、水を流したその時でした。
僕はとんでもない異変に気づく。


水が止まらないっっ!!


あまりの出来事に呆然と立ち尽くしました。
流れ出る水は、止まることを知らずただ流れるのみ。
今まさに、他人の家の便器から、僕の尿が混じった水が流れ落ちているのです。

あわわわ・・どうしよう。
取り敢えず、流れ出る水が止まるまで待っていました。
何だろ、このときの僕は意外と冷静だったのだろうか、それとも諦めていたのだろうか、普通の人なら何とかして止めようとするよね。
ほら、便器に頭突っ込んだりして。
さすがに、僕はそこまで出来なかったんだろうね。

水はあたり一面を水浸しにした頃ようやく止まりました。
問題はこれからです。
僕は備え付けの雑巾を手に取り、必死になって床を拭いてました。
なんで他人の家のトイレ掃除してるんだろう・・・
大体、ここの家のトイレが壊れているのがいけないのに・・
うぅ・・なんて運が悪いんだ。
段々、掃除をしていて惨めになっていく自分がいました。

その後完全に拭き終わり、何事もなかったような顔で戻りました。
トイレが壊れていたなんて一言も言わなかった。
やっぱ、僕みたいな紳士になるとそんな野暮なこと口が裂けても話せないですから。

もう二度とトイレなんぞ借りるもんかっ!

posted by kai at 17:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月08日

12月8日

ネタがない。

こんなこと言うと、「ふーん、そんなのいつもだろ」と賢明な読者は思われるはず。
ええ、その通りです。
そうさ、ないさっ!
だからネタ募集してたじゃないか!
みんな見捨ててた癖に!

そんな放置プレイ大好きです。

さて、どうしましょう。
やっぱね、こういうときは人様のサイトのネタをパクるのが一番だと思うんです。
もうね、最低ですよ。
でも、背に腹にはかえられませんからね。

ではどうぞ(パクり先


☆オハヨー 香り豊かなおいしい苺ののむヨーグルト
いちごハァハァ
オハヨー乳業 200ml/148kcal

やたら長い名前。
おいしいとか書いてありますから、多分おいしいんでしょう。
だから味の事なんか書きません。
知りたい人は自分で買って飲んでください。
むしろどうでもいい。

やはり、問題はそのネーミングです。
この際、名前の長さはシカトです。
僕が目をつけたのは「苺」。
苺ですよ?
ひらがなで書くとい・ち・ご。

エロい!!
もうね、いちご=エロ これ決定。
例えば、某少年誌に連載されてるいちご100%なんちゃらという漫画。
これなんて、少年向きなのにエロすぎです。
許せません。
僕が小さい頃はエロいシーンなんて絶対出てこなかった。
チクショー差別だ!訴えてやる!


ええと、話はズレましたが、僕にとって、いちごという文字はそこはかとなくエロスを醸し出す存在なのです。
そんなエロスの塊のような名前の製品が、コンビニに行けば並んでいるんです。
僕はそれを見た瞬間、そのヨーグルトを犯さずにはいられなかった。

ジュルジュルジュル、ズズズズズー

2倍程度に膨張した棒を差した先から、卑猥な音がこだまする。
そう、その甘美な体に誘惑された僕に、隅々まで蹂躙されたのだった。
僕の体と結合する一体感。
それからくる快楽。
もう誰も僕を止めることは出来なかった。




なんだコレ・・・

いつの間にかパクリ企画がエロ小説になってるじゃないですか。
すぐ下ネタにはしりますからね。
ホント最低人間クズ野郎ですね、はい。


パクリ先はもっすご真面目なサイト様ですよ?(誤解がないように)

posted by kai at 17:13| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月07日

12月7日

頭が痛い。

実は昨日、忘年会なるものがありまして。
そこで見事に二日酔いになったわけですね。
めでたしめでたし。






・・・


要するに、今の僕にブログの更新作業なんて無理ってこと。
トイレにテレビがついてる高級旅館に泊まったとか、久々にうまいものくって腹が痛くなったとかどうでもいいんです。

おやすもー






posted by kai at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月02日

12月2日

気がつけば、12月。
今年も今月で終わりのようです。

なのになんですか!昨日の日記は。
月初めから「チンカス定食」とかなに考えているんでしょうね。
一体、誰がこんなの書いたんでしょうかね。
センスを疑います。

えっ?僕?
僕のような紳士がそんなこと書くわけないじゃないですかー

今日も、気だるそうな19歳に
「おや?ずいぶん疲れた顔してるね、夜(男と)頑張りすぎなんじゃない?早く寝たほうがいいよ」
と優しく声をかけてましたし。
僕にもやらせて、とか心にも思わなかったからね。
まさに紳士の鏡ですよ。


さて話は戻りますが、今月で今年も終わりなんです。
12月、昔で言えば師走。
字のごとく、普段は弟子と淫らなことばかりしている師匠も走り回るほど忙しい月なのです。
ですから世間はもちろん、僕でさえも忙しいわけで。

・・・

嘘です、思いっきり嘘。
全然忙しくなんかないよーだ。
むしろ暇。

はーやーくぅこーいこーいおしょぉがーつー♪
posted by kai at 17:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月30日

11月30日

最近、ペットボトルの飲み物を買わなくなった。

僕は仕事柄、コンビニで商品物色といいますか立ち読みといいますか、そのような行為をすることが多いのですね。
そうすると、その対価として何か買わなくちゃと思う人でありまして、見事コンビニの術中にはまってるといいますか、実はそれギブアンドテイク?いやむしろコンビニは大迷惑じゃないのか?とか思ったりするわけであります。
でまぁ、そういう時に買うのは飲み物やガムという、比較的安価なものと決まってますので、喉を潤したいときは飲み物を買うわけです。
その飲み物、前まではペットボトルを中心に買っていたのだが、最近は紙パックの物ばかり。


実はこの前こんなことがありました。
車を運転しているとふと喉が渇き、見れば車内に飲みかけのウーロン茶があったんです。
すぐさま、開けて飲んだその瞬間でした。

うぇぇっぇぇぇ・・

もっすご酸っぱい味した。
お茶の味じゃねぇ。
不覚にも飲んでしまいましたよ。
匂いを確認してみたら、やっぱり酸っぱい。
うぅぅ、お腹いたいよ〜ままん。


こんな事があってから、ペットボトルの飲み物を買わなくなりました。
そんな酸っぱくなるまで放置しておくやつが悪いんですがね。
気分が悪いので、ペットボトルのせいにしておきました。

やっぱね、寒いから水分いらんのですよ。
どうしても残してしまう。
そして放置→酸っぱくなる→飲むという悪循環。
それが紙パックだと大丈夫じゃないかと。
だって、紙パックだとペットボトルみたいに残さないで飲み切るでしょ?
だから紙パック。

そんな紙パックのジュースを今日も買ったんです。
あれってストローで飲むでしょ?
だからストロー刺してみた、
そしたら中身噴出ですよ。
AVのラストシーンみたいになってた。
もう、でろでろ。

だから紙パックなんて嫌だったんだっ!(逆ギレ)
posted by kai at 17:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月28日

11月28日

更新しようとしたら繋がらないじゃないですか!

メンテナンスがどうのこうのとか表示出てきましたYO!

もうね、こういうのはちゃんと通知して欲しい(見てないだけ)
すぐ終わるのかと思ったら一日中やってるし(表示を見ろ)
大体ね、毎日更新がモットーのブログなんだから困るんですよね(嘘つけ)

そんな感じでした。
ええ、特に不便さなんか感じませんでした。
ドラクエに熱中してて、インターネット?なにそれ状態でした。

うぴょぴょぴょ

posted by kai at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月26日

11月26日

昼間、味噌ラーメンを食べたんです。

最近は「金ちゃんラーメン」という妙に馴れ馴れしい、北朝鮮の人が見たら怒り狂いそうな名前の店で専ら食しております。

しかし、いつも同じ味では飽き足らず、何かアクセントが欲しくなるのが人の心。

そんなときに登場するのがテーブルの上の調味料。
ラーメンには「胡椒」を入れるのが一般的ですね。
でも、今日の僕は「酢」これを入れてみた。
ほら、酢は健康にいいって言うじゃないですか。
ラーメンの味もまろやかになるかもしれないし、一石二鳥。

早速、僕は酢を手に取り、蓮華一杯程度の酢を注ごうとしました。
いざ容器を傾けたその刹那、大変なことが起こったのです。


ドヴァーー!!


容器の蓋がとれ、ラーメンの中にダイブ!
蓋の取れた容器からは、滝の如く酢が流れ落ちています。

うわぁぁぁぁぁ・・
僕のラーメンがぁぁぁ・・・

容器を見ると、大半の酢が無くなっているのがわかりました。
同時に、ラーメンが一気に酸っぱい匂いを放つ物体に変わっていくのを実感。
誰もが、そのラーメンの味を容易に想像することができるくらいであった。

さてどうしよう。
ここで与えられた選択肢は三つ。

@再注文
A意地でも喰らう
B食い逃げ

僕は迷わずAを選んだね。
これは「金ちゃん」から授けられた試練なんです。
多分ここに通う限り、遅かれ早かれこうなる運命だったのです。

オッシャー!喰ったるわっ!

見る見るうちになくなっていく麺たち。
いつの間にか残るはスープだけになっていました。

問題はこのスープです。
僕の予想だと、3対1の割合で酢が混じってると思われます。
僕はいつもはスープを飲み干さず残すタイプなのですが、今日はそうは行きません。
スープを残せば、僕が酢を大量に入れたことがばれてしまうからです。
明らかにこのラーメンからは、普通のそれとは違う異臭が立ち込めています。
こんなのが店の人に知れたら、「キチガイ酢男」などと呼ばれ、出入り禁止にされること間違いなしです。

ですから、僕は何事もなかったようにスープを飲み干してやりました。
酸っぱさで死にそうになりながら。
まさに意地と意地とのぶつかりあいだったね。
よく頑張ったと自分で誉めてやりたいくらい。
こうして、決してばれることなく店を出ることに成功したのでした。

しかし数分後、僕は恐ろしいことに気付いてしまったのです。
酢の入れてあった容器、あれ空のまんまじゃないかと。

大誤算!

せっかくの努力が水の泡です。
酢をまるっと一本分使ったのがバレバレ。
代わりに僕の尿でも入れておけばよかったわ。

きっと酸っぱい味に違いない。



posted by kai at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月25日

11月25日

看板


いつものように川原を徘徊していたらこんな看板がありました。
ほら、僕は仕事柄川原にいることが多いですからね。

どうやら、ごみを不法投棄したものがいるらしいです。
そしてそのごみから捨てた本人を割り出しますよと。
一週間以内に片付けないとえらい目にあっちゃうみたいです。
多分ね三角木馬に乗せられて、蝋燭攻めとかにあうんですよ。
「おらおら!熱いか?んん??さっさと言え!あなたが欲しいというんだよ!」
うん、僕もやってみたい。

さて、その問題のごみがこれ

image/kai5533-2004-11-25T16:33:40-2.jpg


あのー・・普通にガラスとかビンとかなんですが・・
個人を特定できそうなものはないですよ?
それでも見つけるつもりなのかっ!
恐るべし!国家権力。

なんだろ、ビンに付着してるわずかな唾液からDNAとか採取しちゃって犯人割り出すのかね。
すげー!扱いは100人も殺っちゃってるような凶悪犯並ですよ?
そこまでする必要あるのかねと疑問に思っちゃうよね。

僕なんかはね、看板立てるぐらいならごみも撤去すりゃいいじゃんとか思うんだけどね。
放火犯じゃあるまいし、自分の捨てたごみを見にくるわけないべ。
プップー

なーんて思いつつ一週間後、確認の為にその場所に行ってみたんです。
そしたらね、綺麗さっぱりなくなってるでやんの。

これには驚愕。
犯人ビビって持ち帰っちゃった?
つーかまたここに戻ってきたのかよ!
えらい気の小さいやつだな、ちんこついてんのか?

まぁ、そもそもちんこついてない人の犯行かもしれないですからね。
世の中こういう人ばかりなら不法投棄も減ってくるのではないでしょうか。
そもそも捨てるのは悪いことですが。
posted by kai at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月24日

11月24日

今気付いたんですが、昨日は勤労感謝の日だったんですね。
思いっきり出勤していましたよ。

ええ、休日出勤てやつです。


舐めとんのかっ!!

全然感謝できんわっ!

ホント休日出勤とかありえない。
だからね、久しぶりにしちゃいましたよ。

えっ?なんだって?
あれですよあれ。
勤務中の自慰行為。
これに尽きます。

このなんともいえぬ背徳感。
いつ見つかるともわからぬ緊張感。

これはタダの自慰行為じゃないんです。
斬るか斬られるか、喰うか喰われるかの戦いなんです。
まさに男の道。

今ここを見ているリーマン諸君も、今すぐズボンを下ろし自慰行為にふけるべきです。
すぐにえもいえぬ快感が君を襲うだろう。
でもね、頻繁に行為に及ぶのは考え物だ。
もし見つかりでもしたら、次の日から「オナニーマシーン」などと命名され変態扱いされるのは火を見るより明らか。
下手したら国家権力にお世話になる羽目になるかもしれません。

当然、僕くらいのオナニーマスターになれば見つからずにするなんて造作もないこと。
皆も精進するのです。
勤務中の自慰行為に夢見て!

posted by kai at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月21日

11月21日

昨日の「ピカチュウ」で思い出したんだけど、僕もポケモンにはまった時期があったね。

あれは高校3年の冬でした。
当時僕は受験生でセンター試験というものを受けたんです。
で、その結果がね今まで受けたどの模試よりも出来が悪かった。
マークシート式で答えるんだけど、自分で答えあわせしててことごとくはずれてるでやんの。
ホント泣きながら採点してたね。
本番に弱いってこのことだと痛感したのでした。

センター試験の結果にショックを受けた僕は、受験のことなどどうでもよくなったのです。
勉強?なにそれ?状態でした。
何もやる気がしなかった僕は、つい弟の持っていた「ポケットモンスター」をやり始めてしまいました。
そしたら以外に面白い。
こりゃぁガキどもがはまるわけだ。
すげぇな!任天堂。
んでもピカチュウ弱すぎ。
アニメと全然違うじゃん!とか思うのだった。

それからというもの、日がな一日ポケモン。
腐ってたね。
その後次々と受験に失敗していったのは言うまでもありません。


posted by kai at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月20日

11月20日

ごみ置き場


とあるごみ置き場の風景。

なにか見覚えのある人形?が捨てられています。
道端にズデーンと。

左の熊のほうは本物に意外と似てますし、名前も書かれているからわかりますよね。
問題は右の黄色い物体です。


ピカチュウ


うわぁ・・
なんだこれ。
お世辞にもよくできた作品とはいえない。
辛うじて元ネタがわかる程度です。

一見すれば、普通の人は以前テレビの前の子供を襲って一世を風靡した、凶悪ポケ○ン「ピ○チュウ」を連想されるかもしれません。
でも、ここにいるのは見るも無残な黄色い人形。
「ピカー」とか絶対喋らないのです。

だから、僕の目にはそう映らなかったのかもしれない。
見た瞬間、真っ先に2chの「悪魔の実を食べた」このスレを思い出していた。


  . ∩___∩ ;
  ; | ノ|||||||ヽ `
 , / ●  ● |  
 ;, | \( _●_) / ミ
; 彡、 | |∪|  |、\ ,
./    ヽノ/´>) :
(_ニニ>  / (/ ;
; |    | ;
' \ ヽ/ / :
, / / \\ .  
; し’' `| | ;
      ⌒


痩せ細っていくクマー
微妙にAAが再現できてないが気にしない。

クマじゃねぇじゃん!ねずみじゃん!て思われる方もいるかもしれないがちょっと見て欲しい。
雰囲気似てるでしょ?
例えると、同じ歴史を生きてきた同志で、人2、3人殺っていて今はホームレス暮らしみたいな。
そんな感じ。

大体ね、こういうの捨てちゃいけませんよ。
声を大にして「捨てるな!」と言いたい。
あまりの驚愕の風景に、思わず写真撮っちゃったじゃないですか。
夜、ここを子供が通ったら、怖くて泣き出しますよ?
黄色く光りますよ?アレ。

「ピッカー!」
「ピカー!」
「ピ、ピ、ピカチュー」


頭から離れない・・・

続きを読む
posted by kai at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月18日

11月18日

マコン


今日解禁でしたね。

そんなの無視して、昨日のうちに7本全部捌いたわけですが。
完全にフライング。
「一日早く飲めますぜ?うっへっへ」
とか言いながら売り歩いていた。

で、昨日のうちに飲んでしまったわけ。
僕は赤ワインは好きではないので、一杯だけ飲んでみた。
ま、味なんかわからなかったですけどね。
代わりに「マコン・ヴィラージュヌーボー」などという白ワインを飲んでみたんです。
これもボジョレーヌーボの仲間かなんか知りませんが、セットで買わされたので。

ぶっちゃけ、美味いとは思わなかったね。
こんなん飲むくらいなら、1000円ぐらいでもっと美味いワイン買えますよ。
ホント。

でも、ボジョレーヌーボーとかこの手のワインは、空輸してくるから高いんだってね。
解禁日に間に合わせるために。
だから早く飲まないと元は取れないんだよ。
裏の説明にも、お早めにお飲みくださいって書いてあるしね。

初物に弱いな、日本人。
posted by kai at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月17日

11月17日

ボジョレーヌーボ


今年のボジョレーヌーボが明日解禁らしい。

僕は毎年これを買わされていまして、今年は7本も買わされた次第であります。
なんかね、今年は過去最高の売り上げなんだってさ。
奇遇にも、僕が買わされた本数も過去最高なわけで。
そりゃ無理やり押しつけりゃ売れますよね。
大体にして、僕は赤ワイン嫌いですし。
7本も買わされても途方にくれるっちゅうの。

ということで、ボジョレー欲しいと思ってるアナタ!
ぜひ僕から買うのです。
今なら特別に僕が手渡し致しますよ?
一本2000円!
おまけに去年のボジョレーヌーボもつけちゃうよ!

なんたって、一年間車のトランクの中で寝かせてましたからね。
味わい深いことこの上なしだと思います。
ほら、ワインって寝かせりゃ寝かせるほど美味しくなるって言うじゃないですか。

物好きなかた、如何です?


注)当方では品質等、一切保障致しません。
 


posted by kai at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月15日

11月15日

喉が痛い。
鼻が詰まる。


薄々感じてたけど、僕風邪ひいたみたい。
ここ2年くらいひいたことなかったのにぃぃぃ。
ほら、馬鹿は風邪ひかないって言うじゃないですか。
まさにそれ。

まぁひいてしまったものは仕方がない。
とっとと治すんですよ。

僕はね、昔から風邪は気合とビタミンCで治すって決めてるんです。
人によって葱を首に巻いたり、しょうが汁飲んだりと千差万別ですが、僕はいつもこの方法。
具体的に言うと、ビタミンCの粉を大量に飲んだりCCレモンキチガイのように飲んだり、そんな感じ。
後は気合。
それで治ってたからね。

今回もビタミンCのタブレット買ったからね。
これで治そうと目論んでおります。

決して風邪薬なんぞに頼りませんわ!
posted by kai at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月14日

11月14日

いいちこ


奇妙な色のいいちこを頂いた。
いいちこって焼酎ですから、普通はこんな色しているわけがありません。
物は試しにグラスに注ぎ飲んでみました。


ぶどう酒


甘っ!

なんだこれ。
ワインっぽいけど、違うな。
グレープジュースアルコール入りて感じだ。
こんなんどうやって作ったんだろう・・
posted by kai at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。