2004年12月31日

12月31日

気付けば、今日で今年も終わりです。
あっという間でした。
皆さんはこの一年、どんな年だったでしょうか。

なーんて1_も思っていません。
人様の人生なんてどうだっていいんです。
自分のことしか興味ないもん、うっひっへー

軽く反感を買ったところで、僕の今年一年を振り返ってみるとしましょう。


1月・・・会社の車をぶつける。
     自分の車じゃここまでぶつけたことないというくらい大破。 
     見積り額30万と、あまりの金額に多さに恐れ戦いていたのだが
     請求額は5000円。助かった。


2月・・・バレンタインデーでは職場にて義理チョコを頂く。
     もちろん他には何もない。
   

3月・・・24回目の誕生日を迎える。


4月・・・エイプリルフールの日に乗じて、人を騙しまくる。
     あとでツケが回ってきたのは言うまでもない。


5月・・・GWに岩手、青森、秋田と行って来た。
     男鹿はいいところだ。


6月・・・19歳が我が店に配属になる。
     今までいた30歳(旦那有り)に比べると雲泥の差だ!


7月・・・手軽で簡単と巷で流行のブログを始める。
     昔、HPで日記を書いていたが、更新が面倒なので放置。
     二の舞にならぬよう、毎日更新を心がける。


8月・・・19歳に男がいた事が発覚する。(詳しくはカテゴリ19歳参照)
     それまで騙され続けていた僕は哀れ。


9月・・・新車を購入。
     

10月・・アンケートの結果に一喜一憂


11月・・祝!ドラクエ[発売!


12月・・特に何もないまま今年も終了。
     あまりに暇なのでネトゲ復活。


以上です。

あまりに酷い惨状に目を覆わんばかりだと思いますが、現実なんです。
今年一年何にもなさすぎて、思い出せないってのが本音なのですが。

ただ、一つだけ良かったと言えることとして、ブログというインターネットの世界通じて、僕という変態の存在を知らしめることが出来たのではないか・・ということであります。
もうやめたい・・と思うことも多々ありましたが、こうしてブログを続けてこれたのは、閲覧していただいてる皆さんのおかげです、ありがとうございます。


なーんて1_も思っていません。
嘘です。許してください。

ということでまた来年もよろちんこ!!
posted by kai at 15:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 告知、企画等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月30日

12月30日

今日は高校時代の同級生を交えての飲み会だったのですが・・・


女性の方から

「こっちこないでー」

とか

「きもいー」

とか普通に言われるのは仕様ですか?


いやいや・・何もしてないのにこのいわれようはないですよね・・・

「俺って昔からこんなんだったのか?」って聞いたら、
「こんなんだよ」と普通に言ってましたからね。
それって何気に衝撃発言じゃないですか。
さらっと言ってましたよ、さらっと。
ホント、普通の人なら自殺してますよ??

まぁ、僕はこれしきのことじゃどうってことないですよ。
もう慣れました。
僕と話してると犯されそう、なんて言ってる人もいたしねー
このくらいになると立派な誉め言葉ですよね。

うれちい。
むしろ犯してやるぞこのやろうげへへへへへ

すいませんあたまがいたいです
posted by kai at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月29日

12月29日

先日、19歳の耳を見ていたら、また新たな発見をしてしまいました。
も書きましたが、19歳は耳にピアスしているんです。
以前、気がついたときは普通のリング状のピアスだった。
引っ張ると耳ごと取れそうな大きいタイプ。
僕のピアス嫌いと重なり、それが痛々しく見えて仕方がなかったのです。

そのピアスがっ!物凄く高価そうな代物にチェンジしてるのですよっ!
なんかね、金色に光っててその中に宝石が入ってた。
僕は貧乏人なんで、貴金属とかさっぱりわかんないんだけど、そんな素人目にもはっきりわかるようなくらい高そうなピアスだった。

わかったぞ!
これは男からのプレゼントだ!
そうだろそうだろ?
そうに違いないっ!

確信した僕は、早速19歳に聞いてみようとしました。
しかし、いきなり「そのピアス、クリスマスプレゼントだろ?当たり?」なんていっても、気を悪くしてしまうんじゃないか。
クリスマスなんて無縁だった男の僻みにしか聞こえないと思うんです。
「あーうぜぇ、自分で買ったって言えば満足なんだろ?この毒男!」なんて思われるのが関の山です。
今回は今までの失敗を踏まえ、核心には触れず変化球で攻めてみましょう。


「○○さんさー、クリスマスプレゼントはなにもらったんだい?」

我ながらナイスジャブ!
ピアスのことは微塵も触れていません。

「プレゼントですかぁー、これですよ〜」

髪の毛を掻き揚げ、耳を誇らしげに出す19歳。
なんだろ・・ジャブの次はボディーブローで・・とか考えていた僕がバカみたいじゃないですか!
見てくれと言わんばかりに曝け出しちゃってますよ!
さぞや、嬉しかったのだろう。
なんたって彼氏のプレゼントでしょうから。
僕ちゃんくやちぃ!!

「そっかー彼氏からもらったのかー」

皮肉交じりに一言。

「えっ?違いますよ〜。○○部長からもらったんですよ〜」


なんですと!?


今なんとおっしゃいました?


驚愕の事実。
男ではなく上司からもらっていたなんて・・・
そうだよね、貧乏そうなあなたの彼氏じゃ買えそうにないもんね。
いつの間にか、カネヅルもしっかりゲットしていたんだ・・
恐るべし。

でもね、女性はこうあるべきだと思うんです。
適当にあしらっていても、貢いでくれる男は絶対どこかにいますから。
それを何とかしてゲットしたものの勝ちだと思うんです。
別に悪いことしているわけじゃないですしね。
いい夢見させてやればいいんですよ。


ぼ、僕は騙されないぞー。
posted by kai at 23:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 19歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月28日

12月28日

散々今までネタバレでお送りしたドラクエ日記ですが、いよいよ今回で終了となります。

なぜかといいますと、暗黒神との戦いを経て世界を救った・・・つまりゲームクリアしたからです。
いやぁ・・・長かった。
ドラクエの思い出が走馬灯のようによみがえります。
度重なる酔いから来る、頭痛、吐き気・・・
何度挫折しようとしたか・・・
やったよ!ままん!僕がんばったよ!

皆さんには迷惑をおかけしましたね。
たまたまこのブログを見てしまった人がドラクエ攻略中だったりして、
「ネタバレすんじゃねーよ!この包茎!」
などと思われたはずなんです。
ホントすいません・・・
なるべく善処しているのですが、別に日常生活に支障ないしーまぁいいやって思っていたんです・・
不便なことと言えば、たまに皮に毛が挟まって痛い思いするくらいですかね。
だから、別に包茎でもいいんですよ。
人間、開き直りが肝心です。
みなさんも包茎だからといってこれからの人生に失望することなく生き続けてくださいっ!


おおっと、話がズレましたね。
さてクリアしてみての感想ですが、とにかく感動ですよ。
やっぱドラクエはすげぇや!
最期までチャゴスとかいうブタはむかついたんですが、トゥルーエンドを見ていたら哀れになってきましたね。
だって父親に見捨てられてましたから。
そそ、エンディングが二つあったんですよ。
今回が初めてじゃないかな。
一回クリアしないと主人公の素性は明らかにならないんだよね。
自分の出生の秘密を聞いても微動だにしてなかったよ、彼は。
結局、最期まで主人公は表情に乏しかったね。
やっぱり、ドラクエは無口が売りですから仕方がなかったんだと思います。
某RPGのようにキャラがペラペラ喋っても困りますからね。
そんなのドラクエじゃありませんから。

しかし、今回のドラクエはかなりオススメですよ。
こんなにのめりこんだRPGは最近のゲームにはなかったからね。
難易度は歴代のドラクエに比べると易しく感じますが、万人受けを狙うドラクエならばこそ、こうならざるを得ないのだと思います。
小学生から老人まで、誰でもプレイを楽しめると僕は自信を持って勧めたい。

皆さんも、これを機会にプレイしてみてはどうだろう。
posted by kai at 21:48| Comment(4) | TrackBack(0) | ドラクエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月27日

12月27日

何気にカウンターを見れば、10000ヒット間近じゃないですか。

あわわわ・・どうしよう。
何かやらなきゃいけないですよね。
そんな雰囲気が立ち込めてますよね、このいんたーねっつの世界はっ!


ということでなんかやろうと思います。

とりあえず1万ヒット踏んだ人には、記念にうちの母親の韓国土産「高麗人参ガム」をあげます。
当たった人は、メールで個人情報をたんまりと僕に送ってください。
さすれば2、3日後には届くと思いますよ?

でもそれだけではひどく普通でつまらないと思うので、1万ヒット記念企画と称し物凄く気持ちの悪くなるようなことをやりたいと思います。
あまりの酷さに、企画が終わった次の日からアクセス数が激減してしまうような凄いやつをやりたい。
しかし、僕の頭の中で案は着々と進行しているのですが、実行できるかどうか甚だ不安です。
こんにゃくの意思を持つ僕のことですから、いざ準備が整ってもそのまま放置・・なんてことが大いにありえます・・

いや・・だめだっ!!逃げちゃだめだっ!!
年内中にはやりますっ!やらせていただきますっ!

せいぜい楽しみにしてやがって下さい。



posted by kai at 12:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 告知、企画等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

12月26日

今日で僕は仕事納めでした。


ヤッターッッ!
さようなら今年!
こんにちわ来年!

これからも平和でありますように
posted by kai at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月25日

12月25日

12月25日、そう今日はクリスマス。

皆さんはクリスマスといえば何を思い浮かべるのだろうか。
煌びやかなイルミネーション、美味しそうなケーキ、暖かいキャンドルの灯火。
色々なものが頭をよぎるはずだ。

僕は、真っ先にサンタクロースを思い浮かべる。
皆さんご存知の通り、サンタクロースは子供が寝静まった頃に現れ、そっとプレゼントを配っていく。
朝、目を覚ませば、枕元にはプレゼントが置いてあるのだ。
子供の頃はそれが楽しみで仕方がなかった。
僕にとってクリスマスは、間違いなく一年で一番目を覚ますのが楽しみな日だった。
今年24歳になるが、あの時の気持ちの高鳴りは未だ覚えている。

しかし皮肉なことに、年を重ねたことで本当はサンタなんかおらず、プレゼントも親が買って置いてるんだとわかってしまった。
だが周りがなんと言おうと、サンタはいるんだと固く信じて止まない自分がいた。

実は、僕はサンタを見たことがあるのだ。
こんなことを言っても誰も信じてくれないかもしれない。
でも実際見たんだ。
あれは小学校に入る前だったろうか、幼稚園の頃だったと思う。
クリスマスイブの夜、その日僕は早めに眠りについた。
でもね、夜中トイレに行きたくなって目が覚めたんだ。
その時だ、サンタの姿を見てしまったのは。
幼かった僕は、サンタを見てしまえばプレゼントが貰えなくなる気がして、目を閉じて寝たふりをしたのだ。
思えばあの時、飛び掛ってもサンタの正体を確かめておけばよかった。(ちなみに、うちの親は間違ってもサンタの格好なんてする人ではない)
結果、そのまま寝てしまったのだが、サンタを見た記憶は未だに頭に焼きついている。

僕はサンタをこれからも信じるだろう。
例え、幼い日の僕が見たサンタは幻だったとしても、そんな幻を見せるほどサンタには人を惹きつける魅力があるのだろう。
人々の心の中にサンタがいる限り、人はサンタを見続けることが出来るのだ。



ちなみに今年は、首に激痛という素敵なプレゼントでした。
思いっきり寝違えたYO!
あんまりだっ!!
posted by kai at 23:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月24日

12月24日

はい、クリスマスですね。

おまいらおめでちょう。

クリスマスイブの夜にいんたーねっつなんかやるものじゃないですよ、皆さん。
ましてや、こんなどうしようもないブログみちゃったりしてねー。
ほら、隣の家の窓をごらんなさい。
明かりがとても暖かく、楽しそうに見えるはずさっ。

僕?

僕はこれから出かけますよ?
なんつったってイブの夜ですからね!
あんなことやこんなことをしまくってきますよ!



つーことで、ビール買ってきてネットラジオでも聞くわ。
おまいらおやすみー


posted by kai at 19:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月23日

12月23日

今日は僕の友人、S君の誕生日です。
僕の友人ですから、もちろん彼には誕生日を一緒に過ごす婦女子もいません。
そんな彼を不憫に思い、一通のメールを送ったのです。

送信者 僕

おめでちょう(・∀・)



なんて僕は友達想いなんだ。
予定のない彼は、即座に返事するはずです。

30分後・・・
未だ返事はきません。
なんだろう、嬉し涙でメールが読めないのかしら。
念のためもう一回送っておいた。

送信者 僕

おめでちょう(・∀・)(2度目)



されど返事はありません。

送信者 僕

僕が祝ってあげるよ!



空しさを感じ始めます。

送信者 僕

返事くれよ。寂しいだろ。



それでも返事はありません。

送信者 僕

頼むよ・・一言だけでもさ・・



可哀想な僕。

送信者 僕

そうか・・そうね・・私のことはもう捨てるのねっ!もういいわっ!



もう逆ギレです。

その後、送ること再三、やっと返事が来ました。

送信者 S君

どうもありがとう
なんか疲れちゃった。



なんだその意味深発言は。

送信者 僕

ところで、今日は君の誕生日かね?



実は自信がなかったのです。

送信者 S君

違います




僕は静かに携帯を閉じました。





posted by kai at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月22日

12月22日

朝、目を覚ますとあたり一面銀世界。


ウッヒョーイ、夏タイヤだぜ!

しねるしねる!

だけど舐めてもらっちゃ困るぜい!
僕の車は世界に誇るハイブリットカーのプリウスですよっ!
雪道なんてなんのそのっのはずだ。


ガガガッガー

大して積もってないのに、ABS全開で走る車。
トラクションコントロールは全く役に立たんと理解。
夏タイヤの限界を感じましたよね。

仕方ないので、冬タイヤに交換しましたよ。
そしたらね、会社で冬タイヤに交換してなかったの僕だけだったのです。
皆さん僕は夏タイヤのままで冬を越すと思っていたらしく、

「交換するのかっ?まだ交換するな!まだまだいけるっ!」

とか僕に死んで下さいといわんばかりに無茶苦茶なこと言うのですよ。
ホント酷いですよね。
でもね、そういう言葉も僕に対する愛情の裏返しだと思うんです。
だからね、笑顔で答えておいた。

「いくら僕でも流石に死ねますよー、微妙に凍りそうだしー」

「おめー死ぬわけねぇじゃん!」


その後、人知れず涙を浮かべていたのは言うまでもありません。
posted by kai at 22:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月21日

12月21日

それはどこにでもいる母と子の会話のはずだった。

「明日から韓国に行って来るから」
「へー、いってらっしゃ・・・」


なんですと!?

韓国??


まるで近場の温泉一泊旅行みたいなノリでさらっといってますからね。
あぶねぇあぶねぇ、普通にスルーするところだった。

韓国つったら外国じゃないですか。
日本語通じないんですよ。
諭吉見せて買収しようとしても、なに?この紙切れ、とか言われてたこ殴りにされるんですよ!
こわいよーこわいよー。
なのに、何で今まで僕に何も話さないんだっ!
えっ?なんだって?
散々話していた?お前が聞いていないだけ?
す、すいません・・・

見かねたのか、これじゃ話にならんということで何も知らない僕に旅行のしおりをくれました。

愛の物語

愛の物語ってなんですか!
ツアー名だけで死ねる死ねる。
思わず吹いてしまいましたよ。

なんかね、冬のソナタの撮影地を狂ったように回るツアーらしい。
多分、ビデオテープが擦り切れるほど見てきたであろう、冬のソナタキチガイのおばさん達のためのツアーですよ。
ヨンさまーとか狂ったようにはしゃいでいるおばちゃんと一緒ね。
もうねーああいうの見てると痛々しいよねー。
年甲斐も無くなにやってんだと。
まさか自分の母親も同じだとは思わなかったYO!
あは・・あはは・・

そんな感じで韓国に旅立ったわけ。
で3日後には帰ってきたわけですが、やっぱ待ってる身としての楽しみは、お土産じゃないですか。
やっぱ韓国っていったら、キムチだよなー、韓国海苔かなーと楽しみにしていたわけですよ。
それでもらったお土産がこれ。

ガム

が、ガムが二本だけ・・・

ひどい・・ひどすぎる・・・

なんかね、お土産買おうと思ったらお金が無かったんだってさー
自分のお土産はしっかり買ってるくせにね。

まー気を取り直してガム食べてみましたよ。
もしかしたら物凄くおいしいガムかもしれないですからね。
と一瞬思ったけどやっぱまずかったです。
高麗人参とか書いてあるのにうまい訳が無いです。

大量に買ってあった「ペ」のグッツが憎くてしょうがない今日この頃。
posted by kai at 16:52| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月20日

12月20日

また明日も忘年会らしい。

今度はタダですよ。
この前は一万もとられましたからね。
もととらな!
posted by kai at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月19日

12月19日

朗報だ!

明日の休日出勤がなくなる事に決定した!

応援してくれた方には申し訳ないが、存分と休ませてもらおう。

フハハハハ

これでドラクエができる。

明日こそは、憎き暗黒神ラプソーンをやっつけるぞっ!

おばぁちゃんのカタキッッ!!
posted by kai at 22:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月18日

12月18日

みちーとゆーなのーふーねーにーのりー♪(ふねにーのりー)

きぼーとゆーなのーちーずーをーみてー♪

ゆーめーとーゆーなのーこーんーぱーすでー♪



皆さんはこんな歌を聞いたことがあるだろうか。
僕は小学校の頃、この曲を歌った覚えがある。
とても好きな曲のひとつだった。
たしか曲名は「未知という名の船に乗り」だったと思う。

実はこの前、この曲の事で友達と言い争いになったのだ。
先に言うが、この曲を知らない人には全くわからない話である。
争いになったのは、最後のフレーズの部分の歌詞についてだった。

僕 「サバダバダバッダー」
友達「ダバダバダバッダー」

双方がまるで譲らない。
こうして並べてみると一文字違うだけだが、発音してみるとその差は歴然。
まるで異質なものだとわかるだろう。
結果、言い別れに終わったのであった。


と、そんなことを今さっき思い出したので調べてみようと思います。
目の前にはいんたーねっつという文明の利器がありますからね。
さてどっちが正解なんだっ!



検索結果


サバダバじゃん!
やった!
僕の勝ち!!
やーいやーい、間違ってやんのー

しかし、懐かしいなぁこのメロディ。
小林亜星だったなんて知らなかったYO!
posted by kai at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月17日

12月17日

緊 急 事 態!!


大変だ!

来週の僕の休みが無くなりそうなんだ!

会社側はぼーなすなどというものを盾にとって、僕らを酷使するつもりなんだ!

こんな事許されるんだろうか!

奴らは僕の大切な引き篭もりライフを奪い取ろうとしてるんだ!

一日中、ドラクエとかオナニーとか心置きなくできるのに!

僕は断固として出社を拒否する!


(来週の月曜が見ものです)
posted by kai at 15:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月16日

12月16日

僕のクリスマスの予定が全く無い事は昨日述べたとおりですが、わが職場の紅一点であられます19歳の予定はなんとしても聞かねばと思いまして、意を決して尋ねてみたんです。

「○○さん、クリスマスの予定はどうよ?」
「えー、予定といってもその日仕事だし〜、特に何もないですよ〜」
「んでもよ、仕事なんて6時には終わるわけだし、普通その後なんかあるべ?」
「いやー何も無いですよ?普通に寝て終わりですって」


なぜそんなに頑ななんだ。
普通に彼氏とデートですよ、でいいじゃん。
あれか、僕にそんなこといったら、逆上のあまり食い殺されるとでも思ってるんだろうか。
うむ、あり得る。
やはりね、僕のように明らかにクリスマス予定なさそうな雰囲気を醸し出していると気を使うんだと思う。
予定の無い僕に合わせているのだろう。

いや、きっと本当に予定が無いんだ。
実は、既に別れてしまったのかもしれないしね。
だから聞いてみた。

「へー何も無いのか。んじゃ俺とどっか・・」
「それはちょっと・・・」

最後まで言ってないのに断られました。
ひどいよね、ひどいよね。
そんな僕をいじめて楽しいかよっ

そういや昔、「人の言うことは最後まで聞きましょう」って通信簿に書かれてたっけ・・


posted by kai at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 19歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月15日

12月15日

今月も既に半ば。

ふと気付けば、クリスマスだかクリトリスだかそういう忌まわしいイベントが、後10日というところまで迫ってきているじゃないですか!
きぃぃぃぃぃ!

皆さんもご存知でしょうが、クリスマスといえば家族でケーキを食べながら仲良くすごしたり、カップルで一晩中生殖行為といいますかエロいことをここぞとばかりに行う日であります。
当然、僕のような非モテ独身男性は、非常に肩身の狭い思いをすることこの上ないわけでして、それは街の装飾や灯り等がクリスマス風に変わる今日この頃でも同じこと。
仲睦まじく歩くカップルを見る度、「別れてしまえっ!」と怨念を投げかけるのです。

そういえば、去年のクリスマスは何してたんだっけ・・・
まったく覚えがない。
確か・・その日は普通に仕事があって普通に家に帰って・・寝て・・

何もしてないな。
だから覚えてないのか・・・
多分、クリスマスなんて意識してなかったんですね。
そうなると僕ちゃん可哀想!とか思わなくてすむので非常に楽です。
しかしながら、去年の前の年、一昨年ですね、この時のことははっきり覚えてる。
あれは可哀想なクリスマスだった。

その日僕は休日でした。
なんか、クリスマスということで会社側の配慮があったんでしょうか。
僕にとっては余計なお世話でしかありませんでした。
もちろん予定など無く、どうしよう・・一日家で引き篭もろうか・・と考えを馳せていたところ、同期の奴(妻有り)から「暇だし、ブンチョー(歓楽街)行かないか?」というお誘いがありまして、早速家を飛び出したのでありました。
「クリスマス特別コースとかありそうじゃん!ミニスカサンタで女の子出てきちゃったりさっ!うひひひひー」
こんな会話を道中していた記憶があります。
案の定、ミニスカサンタが部屋に待っていたりしまして、でもそんな衣装すぐ脱ぐから意味無いじゃんとか思ったりもしたり。
ええ、その時はよかったですよー、そりゃぁもう。
でもね、帰り道にカップルや家族連れを見るうち段々悲しくなってきたのですよ。

ああ、みんな楽しそうだな・・僕はなにやってんだろう・・
でも大丈夫、家に帰れば家族がケーキ買って待ってるさ。
そう自分に言い聞かせました。
クリスマスだからご馳走に違いない、暖かい食卓で迎えてくれる、そんな淡い思いを抱いて家に帰りました。

そしたら、ものの見事にもぬけの殻。
誰もいない。
灯りもついていない。
部屋は冷え切っている。
これが一人きりのクリスマス・・・愕然としましたね。
悲しかった。
多分ちょっぴり泣いてたと思う。

その後、寂しさに耐え切れなかった僕は、友人を呼び野郎二人で夜を明かしたそうです。


・・・

そんな可哀想でもないな。
多分、もっと可哀想なクリスマスがあったと思うのですが、記憶にありません。
あまりに酷いと記憶から抹消されるって本当ですね!


そういえば、今年も例のごとく会社の余計なお世話のせいで、24日は休みなんだって。

ヤッター!!なにもすることがないよっ!!


嫌がらせだなんてわかってます。


posted by kai at 17:53| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月14日

12月14日

夕方、会社に戻ると仕事終えた19歳がいました。

「お尻痛〜い」

こんな事喋ってます。
どうやら、一日中椅子に座っていたらしい。

もうね、こんなこと言われたら黙っていられない。
僕ぐらいになると条件反射で言葉が出てくるものです。

「揉んでやろうか?」

普通の人はなんらかの躊躇いがあるかもしれないけど、僕は違う。
まるで肩でも揉んであげるような、そんなナチュラルな言い方でした。
19歳もあまりのナチュラルさに気付かなかったのだろう。

「んじゃちょっと揉んで・・・い、いやっ!」

と一時は了承し、尻を揉んでと懇願したのです。
やっぱり、僕くらい尻揉みの達人になってくると、進んで揉んでくださいっとケツを差し出してくるもんじゃない。
多分、19歳も時間の問題。
「お尻だけじゃなくて・・全部抱いてっ!」
とか言ってくるに決まってます。

いよいよ僕の時代が来ましたね。(2度目)




posted by kai at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 19歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月13日

12月13日

僕、空を飛べるようになったんだ!

でもね、空を飛べるようになるといよいよ終盤って感じで、悲しくなってくるんだ。
そうか・・もうクリア寸前か・・・って思っちゃうわけ。


しっかし・・何ですかコレ。
この音楽!
Vのラーミアの音楽じゃないですか!
まったく同じじゃないですか!
手抜きですか!

いや、ドラクエに限って手抜きとかありえない。
多分ね、発売寸前になって音楽がないことに気付いたんだと思う。
苦肉の策で、ラーミアの音楽にしようと決定したのだろう。
思えば、ラーミアってバラモス城に行くだけで、後は用なしですからね。
せっかく生まれてきたのにっ!
可哀想に思った製作者は、いつか何らかの形で使ってやろうと暖めていたんです。
だから今回、音楽だけ出演したに違いない。

さすがドラクエ。
惚れた。


posted by kai at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラクエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月12日

12月12日

実は僕、アフィリエイトというものをやってたらしいです。
なんかね、広告載せてて売れると報酬がもらえるとかそんなやつ。
今まで宣伝らしい宣伝なんてしたことないですが、ひっそりと左側に「人気商品」と称して載せてあります。

ぶっちゃけ、僕自身も興味なかったので今まで気付かなかったけど、結構クリックしている人がいるようなのね。

さらにっ!

クリックした人の中に、商品を注文された方がいらっしゃいました。
10月7日の出来事でございます。
その日僕は失禁していたらしいですね。
多分、失禁が引き金になって商品注文に至ったに違いない、素晴らしい。

さて、気になる報酬額ですが、

なんと!


3円!


ええ、目を疑いましたね。
いまどき3円で何が買えるんだと。
舐めとんのかと。
でもまぁ、塵も積もれば山になりますし、3円でも有難いのは間違いないですわ。
どなたが注文したかわかりませんが、あなたのお金は僕の懐に入りましたよ。
これに懲りず、どんどん注文してやって下さい。

僕が暖かい正月を迎えられるように。



posted by kai at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知、企画等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。